ゴルフ データ侍

10,000時間の独学でサラリーマンゴルファーが侍へ!? & ゴルフでめしがくいたい

2017/08/02 練習日記 ハンドファーストでインパクトしながらもプッシュアウトしないスイングとは

前回の練習を振り返ってみましょう!

試行錯誤しているうちに、少しだけプロのスイングに近づいたような気がした練習となりました。

Keep

  • ショートアプローチも背中とヘッドが引っ張り合う感覚で振るときれいにフェースに乗ってふわっとあがる
    (体の軸が左に流れると、フェースがボールの下をくぐるように入ってしまいショート、距離感が合わない)
  • ハンドファーストを維持したままインパクトしてまーるく左後ろにレベルに振る→プロのようなスイングイメージと一致する
  • レベルに肩を回すには、左に軸が流れないように左肩を後ろに引いてフィニッシュで胸を張るようにする

    上からヘッドを落とす。地面には付けない。
    右膝を内側に入れて、左膝を締めて下半身を固める。右足に少し体重移動しながらテイクバック。
    トップになる直前に上半身を残したまま下半身リードでクラブを巻き付けるようにしながらハンドファーストのまま、まーるくレベル(横回転イメージ)に振る。
    このとき、ハンドファーストを維持したまま、顎と右肩が着くように左肩をくるんと回す。

Problem

  • 右手首が痛い

Try

  • 上記の気付きを検証する

2017/08/02 練習メニュー 下半身リードでまーるく振ってまっすぐ飛ばす

本日練習での検証内容はこれだ!
(久々の練習なのでテンション高め)

トップで左手首が折れないようにすることと、右手首の角度をキープしたままインパクトする
インパクトからフォローで顎の右側に右肩がぶつかるように肩をレベルに動かすようにすると5Iでダフらずミートできる

効率的なスイングは、トップからいきなりクラブを振るんじゃなくて、
腰の高さの水平姿勢に落下してくるまで、上体の開きを我慢して下半身のリードでクラブを引っ張り、
背中越しにクラブを放れる体勢(4:30のポジション)になったら、体幹の捻り戻しに同調するようにクラブを低くまーるく振っていきます。

ゴールドワン ゴルフスクール 「ツッチーのいっちょ飛ばしたろうか Vol.19 合わせに行くスイングと振り切るスイングの違い 」 https://youtu.be/y5kjOgJ9qbs?t=1

あ、それと
右手首の痛みはだいぶ引いてきました!
がまだ無理は禁物です。。

前提

  • 打ち放題
  • 手首が痛いので打球数は少なめ

テーマ

セットアップしたときに地面と垂直ではなく、地面と平行で立っているような感覚でショットする
スタンスはいつもより広め(プラス5cmから10cm)

飛球線前方2m辺りをいつも横目で意識
トップからアフターインパクトまで左頬の角度を変えないで、背骨を中心に背中を入れ替える意識
フォローではグリップエンドとヘソが正対し、ヘッドと左頬(遠心力⇄求心力)で引っ張り合う感覚

レイトヒット

アドレスの位置から右手首の甲側を8時まで折る
下半身だけ回して肩との腰の捻転差を作って、ターン
最初からタメを作っておいて、ヘッドでボールを当てに行く動作をおさえる(レイトヒットになる)

https://youtu.be/Xp50oU49J_A?t=107

フリックによる手打ちを防ぐ
ヒール側を芝がこするように

https://youtu.be/yCYsD99vsz0?t=2

  • PW 10球

左手の片手打ちドリル

左サイドのリードを鍛えてスイングを強くする
腕を使わないで体主導でミートする
スイング中にグリッププレッシャーが一定になるように握る

https://youtu.be/ANF_tfdxT2E?list=PLrRYQUsWLGbdfZ5rx3NsaW9Y0VZyBiKbZ&t=40

両手で打ったときと同じようにクラブが動く様にする

http://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17011210

  • PW 40Y 20球
続きを読む

2017/07/28 練習日記 疲れてくると手首を使ってフェースを返そうとしてしまう、、

前回の練習を振り返ってみましょう!

練習が21時過ぎのスタートになってしまいましたので、
集中しづらい状況での練習でした。

練習していて気づいたのですが、試合で後半に疲れが出始めて集中力が落ちてしまう状態
と似た状況ですね。

後半にスコアが悪くなるという課題があるので、そういう意味で有意義な練習でした。

Keep

  • トップからインパクトにかけて左手首が甲側に折れないようにすると、引っかけやフェースが開いてスライスというミスでづらい
    →意識としては、トップで左手首が折れないようにすることと、右手首の角度をキープしたままインパクトすること
  • インパクトからフォローで顎の右側に右肩がぶつかるように肩をレベルに動かすようにすると5Iでダフらずミートできる

Problem

  • 疲れてくると特に長いクラブで手首を返して引っかけが出る(試合でもドライバーで頻発する悪い癖)
  • 5Iでダフりがち(右肩が下がっているのが原因のようだ)

Try

  • 上記の気付きを検証する