ゴルフ データ侍

10,000時間の独学でサラリーマンゴルファーが侍へ!? & ゴルフでめしがくいたい

2017/09/09 練習メニュー 明日の試合のために

練習場での練習は二日間休みにしました。
疲労で手のひらや指が炎症起こしていたので休養とりました。

明日は試合ということもあり、本日の練習は新しい気付きを得るというよりも
前回の試合からの練習中の気付きをベースに明日の試合で特に意識したいこと
をリストアップすることがゴールです。

直近練習での良い記憶(Keepの項目)を挙げておきましょう。
- 打ち出しの方向へアドレスする
- アドレス時の体の形はKの字
- グリップは指一本の太さ分、短く握る
- 始動は右膝を内側に入れるところから
- トップは、右脇があくように高い位置へ(フトコロのあるトップ)、右の手の平を上に向けて指先にクラブを乗せる
- ダウンスイングのきっかけは下半身の戻しから
- 上半身が開かないように残したまま、右の手のひらを上に向けたまま右脇を閉めていく(クラブを自分の後ろへすっと落とす感じ)
- フェースの中心よりもシャフトの延長線上で打つ意識(ミートスポットはネック側) - 前傾が崩れないように低く長くヘッドを出す

本日の練習メニューはこちらです!

前提

  • 打ち放題

テーマ

上記の良い記憶を確認して明日の試合で意識するリストを作る
本番想定のショットで、12ホール分の仮想パーオン率を計算してみる
続きを読む

2017/09/05 練習日記 「アドレスでの逆Kの字」ってこうやって作るのね

過去2回の練習で、アドレスとグリップについての気付きが得られましたので共有です。

練習しすぎなのかスイングが悪いのか、、左手親指の付け根が炎症起こして痛いです。。
スイングの改善だけでなく、休養も必要ですね。

Keep

  • 構え、スタンスの時、右肩が前に出ないようにすっと下ろして力を抜き、右肘を突っ張らず余裕を持たせる
  • 右膝を内側にすこし入れるように構える
    上記2点をやってみると、あー、これが逆Kの字っていうやつね
  • 右手人差し指でグリップするよりも、人差し指と親指の付け根をくっつけることを優先する
    こうするとトップで右手の平にクラブを乗せる感覚がつくれる、さらにそのとき右手は右肩の上に乗せる感覚をつくる
    その後、地面にヘッドを打ち付けるようなダウンスイングでなく、まーるく背中からシャフトを回していくことで、ボールを横からかっさらうようなイメージを出せる

  • 股関節の角度というか前傾角度は変えないように左股関節を後ろに引くイメージでインパクトするとトップがでにくい気がする インパクトの前に身体の左側が上方向に伸び上がってしまうとヘッドを低く長く出せない

  • 前回より5Iの平均ミート率が向上 (平均:1.16→1.25)
    1.30
    1.17
    1.24
    1.28
    1.31
    1.31
    1.26
    1.30
    1.10
    1.27
  • 前回より、ミート率のばらつきが低下(標準偏差:0.1447→0.0651)

Problem

  • 5Iの片足ドリルでミートがよくない
  • 左手の親指付け根が疲労で炎症、、痛い
    トップからの切り返しで左手首の力を使い過ぎのようだ

2017/09/05 練習メニュー アドレスの形と始動のきっかけ

今の自分のアドレスってどうなんだろう?
アドレスの形はどんな意識を持つと良いのだろうか?
というのが本日のテーマ。

結局のところインパクトなんですが、トップやスタンス、アドレスについて考え始めたのは、

理想のインパクト、というところから遡ってトップの形はどうだろう? さらに戻ってスイングの始動はどうだろう?
もっと戻って、アドレス・スタンスの形はどうだろう?というところに最近関心が移ってきています。

スイング始動については、この番組を最近みていて平塚哲二プロの始動がいい!!と直感的に思いました。 www.bs-j.co.jp

それは、右膝を内側にくっと入れてから右へ体重移動するような始動です。

これを自分で再現すべく、本日の練習はこちらです!

前提

  • 打ち放題

テーマ

前後の荷重バランスを身につけて、前傾が保たれた安定したスイングを身につける
切り返しにおけるクラブの落下と右肘の使い方
捻転差とフトコロのあるトップをつくる
アイアンのミート率を上げる(指一本分短く握ってみる)
指先で引っ掛けてクラブを握る
直ドラのドリルでなにか気付きが得られるか探る
スタンスとスイングの始動について良い感触を探る
続きを読む