ゴルフ データ侍

10,000時間の独学でサラリーマンゴルファーが侍へ!? & ゴルフでめしがくいたい

2017/08/30 練習メニュー フトコロのあるトップをまずつくる

前回の練習に引き続き、トップのかたちを作っていきたいと思います。

f:id:hosukosu:20170830174426p:plain:w300

ワンピーステークアウェイでフトコロのあるトップを目指す - YouTube

前提

  • 打ち放題

テーマ

前後の荷重バランスを身につけて、前傾が保たれた安定したスイングを身につける
ステップドリルで体重をしっかり左に乗せ、ヘッドの加速を意識して高弾道の球を打つ
スプリットハンドドリルで、右手が左手を追い越すイメージをだす
切り返しにおけるクラブの落下と右肘の使い方
捻転差とフトコロのあるトップをつくる

レイトヒット

アドレスの位置から右手首の甲側を8時まで折る
下半身だけ回して肩との腰の捻転差を作って、ターン
最初からタメを作っておいて、ヘッドでボールを当てに行く動作をおさえる(レイトヒットになる)

https://youtu.be/Xp50oU49J_A?t=107

フリックによる手打ちを防ぐ
ヒール側を芝がこするように

https://youtu.be/yCYsD99vsz0?t=2

  • PW 10球

左手の片手打ちドリル

左サイドのリードを鍛えてスイングを強くする
腕を使わないで体主導でミートする
スイング中にグリッププレッシャーが一定になるように握る

https://youtu.be/ANF_tfdxT2E?list=PLrRYQUsWLGbdfZ5rx3NsaW9Y0VZyBiKbZ&t=40

両手で打ったときと同じようにクラブが動く様にする

http://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17011210

  • PW 40Y 10球

両手で片手と同じようにスイング

体主導でインパクとして、入射角とフェースの向きが同じになること
ミートしたときの感触や音が一定になること
  • PW 40Y 10球

クラブがカラダに巻き付くドリル

切り返しでクラブの落下を感じて、左手の甲とフェースが上を向くようにする

https://youtu.be/t6onDvItpXY?list=PLrRYQUsWLGbdfZ5rx3NsaW9Y0VZyBiKbZ&t=75

  • 50° 30球

スプリットハンドドリル

スイング中、手元がカラダの正面にあること
グリップは左腰に近いところを通して左後ろに振り抜く
右手が左手を追い越す

https://youtu.be/gKNNqU88AuA?t=16

  • 58° 10球
  • PW 10球
  • 5I 10球

右足を引いて、左足だけで立って身体の正面でインパクトするドリル

打った後もバランスを崩さない
腕を使うより体主導でスイングする
スイング中に前傾を保つ
  • 50° 15球

左足を引いて、右足だけで立って身体の正面でインパクトするドリル

打った後もバランスを崩さない
腕を使うより体主導でスイングする
スイング中に前傾を保つ
  • 50° 15球

 ステップドリル 前傾を意識して体重移動のタイミングを憶える

https://youtu.be/Vm8rt6uwCvI?t=484

  • 50° 10球
  • 5I 10球

ステップドリルと通常ショットを交互に繰り返す

通常ショットでもタイミングと完全に左に乗り切る体重移動を意識
  • 50° 10球
  • PW 10球
  • 5I 10球
  • 3W 10球
  • 1W 2球