ゴルフ データ侍

10,000時間の独学でサラリーマンゴルファーが侍へ!? & ゴルフでめしがくいたい

2017/08/30 練習日記 自分の感覚を積み上げて自分のスイングを作る

あれ、そういえばなんで練習日記を書いているんだっけ?
というところに立ち返って考えを整理してみました。

うまくいったときの自分の感覚を大事にする。
それを次の練習で忘れないように自分の言葉で記録しておく。
こうしてうまくいった感覚を積み上げていって、自分のスイングを作っていく。

というのがこの練習日記を書いている目的です。

ではなぜ、わざわざブログに記録しているのか?

自分なりの感覚を言葉に変換して記録しているので、他の人がこのブログをみて参考になるかはわかりませんが
ブログにアウトプットすることで同じ指向性をもっている仲間を増やすというのが
このブログを書いている目的です。

ということで前回の練習を振り返ってみましょう!

Keep

  • 右肩でクラブを担ぐ感覚がいい テイクバックで上半身を捻転させて、さらにもう一段階、右脇を開けるようにトップをつくると、クラブを右肩の上に担げる →リリースタイミングを遅らせてタメが作れる
  • 上半身は開かないように残して正面でインパクト&下半身はリード(インパクトの瞬間に上半身と下半身の捻転差を作る)ということが大事で、これができないとミスショットになりやすい
  • 5Iはハンドファーストのままボールの斜め上からインパクトするように意識すると、リリースのタイミングが早くなりすぎず、ダフりにくい

Problem

  • 5Iと3Wがボールにヘッドを当てに行く&ボールを上げようとする意識が強くなり、クラブのリリースタイミングが早くなってダフりやすい
  • 5Iのミート率が低い(フェースの先の方に当たることが多い)

Try

  • 片足立ちショットなどのドリルを5Iで試してみる