ゴルフ データ侍

10,000時間の独学で40代サラリーマンゴルファーが侍へ!? ゴルフ業界の生産性を高めるドキュメンタリーブログ

2018/04/13(今月4回目) 練習メニュー クラブの操作性を上げるために操作しない

クラブをそっと置いておく、、

www.youtube.com

つまりクラブを自分から操作しにいかないということ。

これは全てのゴルファーが越えるべき壁なのだと思います。

特に長いクラブで距離と方向性を安定させるためには必要でしょう。

練習後記

やっぱり長いクラブ、3W、5Iは難しい。長いので操作性が悪い。

私が特に気をつけたいと考えるのは、利き手(右手)です。

長いクラブほど、操作しにくくボールに当たりにくいという意識があるので
ダウンスイング中に右手首をこねてクラブでボールを当てに行くという操作をしてしまう。
これをやらないと当たらないという恐怖が体を支配しようとします。

そうすると、右手で上から押さえつけるような力をクラブに伝えてしまってダフる!

操作しないで右サイドにクラブを置いておくというような意識が良いようです。

ちなみに、
ウェッジなどの短いクラブはもともとシャフトが垂直に近い角度なので、勝手に下に降りてくると思っていて
操作しようという意識がそれほど働かないので、結果的にうまく打てます。

良い記憶とっておきます。

本日の練習メニューはこちら。

続きを読む

2018/04/11(今月3回目) 練習メニュー 5Iでショートアプローチから

本日の練習メニューは5Iを軸にしたものです。

最近練習をしていて気付いたことなんですが、 ウェッジ、ショートアイアンなどの短いクラブをたくさん打った後に、5I、3Wなどの長いクラブを打つと難しく感じること。

「PWをたくさん練習するとドライバーもうまくなる」という話はどこかで聞いた覚えがありますが、自分の経験・意見ではないので置いといて。

ならば長いクラブを軸にして、フルショットしないアプローチの練習から行っていくと良いのでは?
と考えたわけです。

実際のコースではショートアプローチは短いクラブで使うことが多いため、ショートアプローチの練習ではなく
長いクラブでミート率を上げて、距離と方向性を高めることを目的にした練習です。

練習後記

5Iでは、20Y打つのも難しいです。
距離感、ミート率も最初は悪いですが、繰り返し打っていると良くなって楽しい。

短い距離だんだんから飛距離を上げていって、その流れでフルショットを打つとミート率も高くで打感も良いので練習も楽しくなります。

あ、これは良いかも、というのが本日の感触でした。
次回も5Iを軸に練習してみます。

その他の気付き。

  • アドレスで足裏の内側に荷重をかけるようにして足首を固定すると安定して立てる
  • 膝から下のすねのラインは垂直にする(膝が前に出ないようにスッと立つ)

を心がけると、アドレスが安定した美しい形になります。

良い記憶とっておきます。

本日の練習メニューはこちら。

続きを読む

2018/04/08 利根パークゴルフ場 ベースボールグリップで80台

前回スコア:99(OUT 46, IN 53)
今回スコア:87(OUT 44, IN 43)
パット数:29
パーオン率:61.1%
ボギーオン率:11.1%

茨城県取手市の利根パークゴルフ場へ。 コンペです!快晴です!

f:id:hosukosu:20180412192608j:plain:w300

以前優勝したときにハンディがだいぶ減ったので、ベストスコア出せれば優勝圏内という状況。
というわけで申告グロスもベストスコアを記載して狙いましたが、更新ならず、、

内容は、1番ホールのティーショットでいきなりプッシュアウトしてOBという最悪のスタート。
5番のパー5でチップインバーディ!このあたりから気持ちも立て直して、なんとか80台のスコアでまとまりました。

それとスコアは悪くないのですがパーオン率は11.1%と低めです。
これはグリーン周りから寄せワンというパターンが多かった
ということでしょう。このコースはグリーンの大きさが比較的小さいので。

パッティング数が少ないのはパッティングがうまくなったと言うわけでもなく、、寄せワンが多かった結果。
実際に、グリーン周りからパターでアプローチすることが何度かありました。

パーオン率を上げることは大事ですが、グリーンの大きさによってはショットの精度が変わらなくてもパーオン率は変化します。

つまり、アプローチの精度がアップしたかどうかをパーオン率でみるなら、同じコースで比較する必要がありそうです。

コースの特徴・感想

  • 2グリーンで、小さめのグリーンです

その他は過去の記事を参照。

golfhacker.hatenablog.com

golfhacker.hatenablog.com

Keep

  • ベースボールグリップで初めての80台
  • ダフりのミスがほぼ0
  • ドライバーで綺麗なドローボールが打てるようになってきた
  • 58°のサンドウェッジでのアプローチが距離感出せるようになった
  • 58°のハーフショットでも自信を持って打てるようになった(ダフりトップのミスが激減したので)
  • 2つのドラコンホールで、両方ドラコン賞をゲット(飛距離は260Yくらいでした)
  • 引っ掛けのミスは何度か出たが、致命的なミスにはならなかった

Problem

  • スタートホールの最初のショットでプッシュアウトOB
  • ショートホールで1度もワンオンせず
    前の組や自分より前に打った弾道をみていないこと。風の読み、風を考慮した距離感、クラブ選択の問題。
  • ドライバーでテンプラのミスが1回あった
  • バンカーショットでヘッドが砂に潜りすぎて距離が出せない

Try

  • アプローチの精度アップ
  • バンカーショットの砂の取り方のコツをつかむ
  • ドライバーティーショットの精度アップ
  • ラウンド中は、他の人のショットから得られる情報も活用する

最後に

Tableau Publicを使って過去のラウンドデータを可視化したものです。