ゴルフ データ侍

10,000時間の独学で40代サラリーマンゴルファーが侍へ!? ゴルフ業界の生産性を高めるドキュメンタリーブログ

2018/05/12(今月5回目) 練習日記 ほぼウェッジの練習

「ウェッジでできることは、長くなってもできる」

【地面反力スイングの基本】山本道場の基本練習① - YouTube

よし、ウェッジで練習しよう。

練習後記

ウェッジで魚突きドリルを練習してたら気付きました。

魚突きドリルの解説でよく「下から上に」という話ができます。

f:id:hosukosu:20180516144206p:plain:w300

【地面反力スイングの基本】山本道場の基本練習① - YouTube

この理由がやっとわかりました。

下から上に、をやることで体幹やフットワークでクラブをコントロールしやすくなります。
もうすこし具体的に言うと、

  • 右の手の平でヘッドの重みを感じながらヘッドを下から上に動かす

これによって、スイング中に体幹から腕に効率的に力を伝えられます。
言い方を変えると、体幹と腕がいいテンションでつながっている状態がスイング中に維持できます。

こうすることで、ヘッドの軌道を体幹やフットワークでコントロールしやすくなるのです。

ほかの気付き。

  • 長いクラブは重さでトップで垂れるのでオーバースイングになりがち、トップはコンパクトに

良い記憶とっておきます。

続きを読む

2018/05/11(今月4回目) 練習日記 ライダー2号打ち

f:id:hosukosu:20180516141324p:plain

「きゅっと、ただ縮むだけ」

今まで考えたこともない動作イメージだ!
これはやってみよう!

youtu.be

「飛距離は振り幅ではなく、ためる力の大きさ」

youtu.be

ふーん、
振り幅と一般的に言われているが、これも新しい発想。

バレーボールでも、腕の力だけでスパイクを打つとたいしたことないですが
空中で体幹もしくは肩甲骨周りを意識して動かすようにするといい感じにボールに力が伝わります。

ゴルフは足が地面に着いていますから、体幹とフットワークでボールをコントロールするということですね。

このように、腕でコントロールしないで体幹やフットワークを使う方がうまくいくというコツは、
スポーツ全般で通用するメタな知識だろうと思います。

練習後記

きゅっと縮む感覚、良いです。

  • 打球が高くなった

たぶん、インパクトに欠けて左にスウェーしなくなって、打球が高くなったと理解してます。

良い記憶とっておきます。

続きを読む

2018/05/06(今月3回目) 練習日記 ジャンプして打つ

山本道場の動画で、ダウンスイングのときに地面を蹴って軽くジャンプして打つというドリルがあったので試します。
(どの動画かわからなくなってしまったのでみつけたらリンク張ります。)

とにかく、試す。

ゴルフに限らず、スポーツを習得するには必要なことだと思う。試す!

練習後記

  • フラットレフトリストを作るには、左手の甲とフェース面もしくはリーディングエッジのラインを合わせる
  • ジャンプして打つなんて動きが明らかにおかしいので恥ずかしい

良い記憶とっておきます。

続きを読む